東京応化工業(tok)は、半導体や液晶ディスプレイの製造に必要なフォトレジストなどの化学薬品、製造装置を提供している会社です。

ガバナンスコンプライアンス

ガバナンス

企業情報

コーポレートガバナンスの充実を経営上の重要課題の一つと
位置づけ、その達成に向けて鋭意取り組んでいます。

コンプライアンス

基本的な考え方

ステークホルダーの皆様との信頼関係を維持していくことが、社会と共存する企業として持続的に発
展する基礎になるとの認識から、TOKグループでのコンプライアンス体制の充実に努めています。ま
た、全役員・従業員一人ひとりが法令や社内規程、社会規範などを遵守した行動ができるよう、コンプラ
イアンス意識の徹底に努めています。

コンプライアンス推進体制

ステークホルダーの皆様との信頼関係を維持していくことが、社会と共存する企業として持続的に発展していくための基礎になるとの認識から、コンプライアンス体制の充実に努めています。コンプライアンス委員会主導のもと、各部署において啓蒙教育・徹底活動などを行い、全員参加によるコンプライアンス推進活動を実施しています。

15

コンプライアンス行動基準

全役員・従業員一人ひとりのコンプライアンスに対する意識向上を図るとともに、共有する価値観と行動規範を明確にすることを目的として、「TOKグループ・コンプライアンス行動基準」を制定しています。2014年7月には第3版への改定を行い、事業活動のグローバル化や社会における情勢の変化などを考慮して内容を見直すとともに、その適用範囲を海外の子会社にも拡大しました。コンプライアンス行動基準は、日本語版のほか、英語版、韓国語版、中国語版のハンドブックを作成し、グループ各社の全役員・従業員に配付するとともに、順次浸透活動を実施しています。国内のみならず、海外も含めたグループ全体として、引き続きコンプライアンス意識の浸透と徹底に努めていきます。

第1章 総 則

(1) 法令等の遵守

我々は、各国・地域の法令を遵守することはもとより、社内規程や社会規範等を遵守するとともに、企業倫理を重視し、TOKグループの一員として求められる良識と責任を持って行動します。

(2) 法令等違反の連絡

我々は、法令等やこの行動基準に違反する行為もしくは違反するおそれのある行為を発見した場合、または不注意により自ら違反する行為もしくは違反するおそれのある行為を行った場合等は、TOKグループ会社各社のコンプライアンス関連規程に定める内部通報窓口等に直ちに連絡します。

第2章 会社・個人との関係に関する行動基準

(1) 人権の尊重

①会社は、個人の基本的人権と多様な価値観、個性、プライバシーを尊重し、出生、国籍、人種、民族、宗教、性別、性的指向、婚姻、妊娠、疾病、年齢、各種障がい、その他法令で禁止される理由による差別的取扱いを一切行わず、雇用機会の均等に努めます。

②会社は、いかなる雇用形態かを問わず、児童労働や強制労働は一切させません。また、我々は、暴力、罵声、誹謗・中傷、威迫による業務の強制等、各役職員等の人権・人格を無視する一切の行為を行いません。

③我々は、機会均等の下で、ハラスメント(セクシャルハラスメント、パワーハラスメント等を含みます)とみなされる一切の行為を行いません。

 (2) 人材の育成、公平・公正な処遇

会社は、専門性、創造性、リーダーシップ、挑戦意欲にあふれる人材の育成に努めるとともに、能力や業績に応じた公平・公正な処遇を行います。

 (3) 健全な職場環境の維持

①会社は、労働関係法令等を遵守し、心身共に働きやすい職場環境の維持に努めます。また、我々は、アルコールや麻薬の影響で就労困難となることはしません。

②会社は、役職員等が仕事とプライベートの両立(ワークライフバランス)を実現し、充実した業務遂行ができる職場づくりに努めます。

③我々は、経営理念の一つである「自由闊達」の精神に則り、役職を問わず、普段より自由かつ積極的にコミュニケーションを図るとともに、業務上必要な情報の共有を図るよう努めます。また、会社は、役職員等が自由かつ積極的にコミュニケーションをとれる風土の維持に努めます。

 (4) 職場の安全衛生

①会社は、労働安全衛生関係法令等を遵守し、「働く者の安全・健康の確保」を最優先に考え、業務上の災害を未然に防ぐための環境整備に努めます。

②我々は、業務上の災害が発生した場合は、被害を最小限に食い止めるため、また再発を防止するため、直ちに報告等の適切な処置を講じます。

 (5) 個人情報の保護

我々は、他の役職員等および社外関係者等の個人情報を適切に管理・保護します。

(6) 利益相反行為の禁止

我々は、競合会社や取引先のために働く、もしくは自己の利益を得る目的で会社と取引するなど、TOKグループの利益を害する、または害するおそれのある行為は一切行いません。

(7) 政治・宗教その他勧誘活動の禁止

①我々は、会社の許可なく、会社内では政治活動、宗教活動その他勧誘活動を行いません。

②我々は、宗教や信条等を他人に強要することはしません。

(8) 社会人としての品位の維持

①我々は、社会人としての品位を維持し、誠実に行動します。TOKグループのイメージを損なう反社会的行為をしたり、またはそのような行為に関与したりはしません。

②我々は、会社の許可なく、TOKグループまたはTOKグループ会社を代表してソーシャルメディアを利用することはしません。また、個人的にソーシャルメディアを利用したり、ウェブサイトを開設したりする場合には、発信する内容に責任を持ち、良識のある社会人として自覚ある言動をとるように留意します。

第3章 事業活動に関する行動基準

(1) 各種業法の遵守

我々は、事業活動に関わる各国・地域の各種法令を遵守し、必要な許認可の取得および届出等の手続を確実に行います。

 (2) お客様満足度の向上

①我々は、お客様に対して常に謙虚な姿勢と感謝の念をもって接するとともに、ニーズを的確に把握し、お客様に満足していただけるよりよい製品・サービスの提供に努めます。

②我々は、すべての事業活動において高水準の品質を維持するとともに、常に生産性の向上と原価の低減に努めます。

 (3) 製品・サービスの安全性

①我々は、製品の開発、製造、販売、メンテナンス等、事業活動のいかなる段階においても、製品の安全に関する法令や安全基準等を遵守し、製品・サービスの高度な安全性の保持に努めます。

②我々は、製品・サービスについて、事故や安全性の問題に関する情報を入手した場合は、速やかに事実関係を調査し、適切な処置を講じます。

 (4) 環境保全

①我々は、製品の開発から廃棄に至る全ての段階において環境に与える影響を評価し、環境に配慮した製品作りを行います。

②我々は、環境保護のため、地球温暖化の防止、製品等のリサイクル活動の推進、製品等の長寿命化、化学物質の適正管理ならびに廃棄物の減量化に積極的に取り組みます。

③我々は、事業活動に関わる環境関係法令等を遵守するとともに、継続的に環境負荷の低減に努めます。

 (5) 安全保障貿易管理

①我々は、国際取引を行う場合、国際条約や貿易関係法令等を遵守し、国際的な平和および安全維持を妨害する不正行為は行いません。

②我々は、輸出する貨物や技術が大量破壊兵器等の開発等に使用される、または不正に輸出等されることを防止するため、国際条約や関係法令等で定められる手続を確実に行います。

③我々は、非人道的行為に関わる天然資源およびその派生物の使用に関する国際的な規制を尊重し、該当する天然資源等を会社の生産活動に使用しません。

 (6) 競争法等の遵守

①我々は、公正な競争を維持するために定められた各国・地域の法令等を遵守します。

②我々は、他社との間や業界団体において、価格(値引き)、数量、生産能力、シェア、販売地域等に関する協議や取決め(カルテル)または入札談合などの行為は行いません。

③我々は、他社と共同して、もしくは業界団体で共同して特定事業者や新規事業参入者に対する取引拒絶や取引制限を行う、または、不当に取引先その他事業者の事業活動を制約するなどの行為は行いません。

④我々は、他社の秘密情報を不正な手段により取得・使用することはしません。また、我々は、他社の秘密情報が不正な手段により取得されたものであること、またはそのおそれがあることを知りながら取得・使用することはしません。

 (7) 購入先等との適正取引

①我々は、物品やサービスの購入先や業務委託先等を選定する場合は、価格、品質、納期等の諸条件を公平に比較・評価したうえで決定します。

②我々は、物品やサービスの購入や業務委託等を行う場合は、関係法令等を遵守し、購入・委託先等に対して、発注者としての優位な立場を利用した不合理または不当な取引条件の強制・押しつけなどの行為は行いません。

 (8) 接待・贈答

①我々は、相手方が公務員であるか民間企業関係者であるかを問わず、営業上の不正な利益または便宜供与を得ることを目的とした、または、遵守すべき法令等に抵触するなど社会的常識の範囲を超えた、接待・贈答・金銭その他利益の提供は行いません。

②我々は、取引先等から接待・贈答を受ける場合、各国・地域の法令、慣習等の社会規範またはTOKグループ会社各社の社内規程等を十分考慮し、社会的常識の範囲を超えた接待・贈答は受けません。

③我々は、取引先等から接待・贈答を受けた場合は、必ず書面またはこれに準ずる方法で直属の上司等に報告します。

 (9) 宣伝・広告および正確な製品・サービス情報の提供

①我々は、TOKグループの知名度やイメージの向上を図るため、的確な宣伝・広告を行うよう努めます。

②我々は、宣伝・広告活動にあたり発信する文書や情報には、虚偽や誤解を招く表現や他者を誹謗・中傷する表現は使用しません。また、比較広告を行う場合は、事実により裏付けられていること、ならびに比較した時点において完全・正確で誤解を招くものでないことを確認します。

③我々は、取引先等に対して製品やサービスに関する正確な情報を提供します。

 (10) 正確な情報の記録・報告

我々は、取引に関する事項は正確に記録・報告し、虚偽、または受け手を誤解もしくは誤認させるような記録・報告はしません。

第4章 会社財産の管理等に関する行動基準

(1) 適正な会計処理

①我々は、会計帳簿への記録や各種伝票への記入・入力は、関係法令、一般会計原則や社内規程等に従って正確かつ適正に行います。また、虚偽や架空の記載により不当に金銭を得るなどの行為は行いません。

②会社は、正確かつ適正な会計処理を確保するために、内部統制システムを維持します。

 (2) 秘密情報の管理

①我々は、TOKグループおよび取引先等の秘密情報は社内規程、契約等に従って厳重に管理して、これを第三者および業務上必要としないTOKグループの役職員等には開示・漏洩しません。また、これを業務目的以外の目的には使用しません。

②我々は、TOKグループの秘密情報を第三者に開示する場合は、当該第三者と秘密保持契約を結ぶなどして漏洩の防止に努めます。

③我々は、取引先等の秘密情報を盗用する、または取引先等から許された使用目的以外の目的で使用することはしません。

④我々は、退任または退職後において、TOKグループおよび取引先等の秘密情報を会社に返還し、これを開示・漏洩する、または目的を問わず使用することはしません。

 (3) 会社資産等の私的利用禁止

我々は、有形無形を問わず、TOKグループ所有の設備、施設、機器、物品、データ、電子ファイル等の資産等を業務のため効率的に活用する一方、社内規程等に従って適切に管理します。また、これを個人的な目的のために使用することはしません。

 (4) 情報システムの適切な使用

①我々は、TOKグループが管理するパソコンや情報システム等は、業務目的にのみ使用する一方、これを個人的な目的のために使用しません。

②我々は、付与されたIDやパスワードは厳重に管理し、第三者への漏洩を防ぎます。

③我々は、他の役職員等のIDやパスワードを盗用する、または権限なしに他の役職員等のコンピュータシステムに侵入することはしません。

④我々は、コンピュータソフトウェアの使用にあたっては、著作権関係法令等を遵守するとともに、適正な運用・管理を行います。

 (5) 知的財産権の保護

①我々は、開発・製造に関わる発明等については、速やかに特許出願等を行うなど、TOKグループの知的財産権の保全・活用に努めます。

②我々は、他社の知的財産権を尊重し、これを必要とする場合は、適切な契約を締結したうえで使用します。

第5章 株主・投資家等との関係に関する行動基準

(1) 企業情報の開示

会社は、株主・投資家等に対し、財務内容や事業活動状況等の企業情報を適時かつ公平に開示して経営の透明性を高めるとともに、信頼性の向上を図るよう努めます。

 (2) インサイダー取引の禁止

①我々は、TOKグループまたは取引先等の未公表の重要事実を知った場合、その重要事実が正式に公表されるまでは、インサイダー取引規制の対象となる株式等を売買しません。

②我々は、知り得たTOKグループまたは取引先等の未公表の重要事実を、業務上必要とする者以外には知らせません。

第6章 社会との関係に関する行動基準

(1) 社会への貢献

①我々は、経営理念の一つである「社会への貢献」の精神に則り、良き企業市民として積極的に社会貢献活動に参加し、社会の発展に寄与します。

②我々は、地域社会への協力ならびに地域行事への参加を通じて地域社会との良好な関係を維持し、地域社会の一員としての責任を果たします。

 (2) 各国・地域の文化・慣習の尊重

我々は、事業活動を行う各国・地域の文化、慣習等に違いがあることを理解・認識するとともに、それらに対し敬意をもって接し行動します。

 (3) 寄付行為・政治献金規制

①我々は、各種団体等への寄付および政治献金等は、関係法令等を遵守し、正規の方法に則って行います。

②我々は、寄付や政治献金等の実施にあたっては、事前にその必要性、妥当性を十分に検討したうえで、社内の承認手続を経て行います。

 (4) 反社会的勢力との関係断絶

①我々は、違法行為や反社会的行為に関わることのないよう、基本的な法律知識、社会常識、正義感を持ち、常に良識ある行動に努めます。

②我々は、社会の秩序や安全を脅かす反社会的勢力(暴力団、麻薬組織、テロリスト、その他犯罪組織)とは一切の関係を持ちません。

③我々は、反社会的勢力からの不当要求は、警察等の指導・支援のもと、断固として拒絶します。

  

ガバナンスコンプライアンス