東京応化工業(tok)は、半導体や液晶ディスプレイの製造に必要なフォトレジストなどの化学薬品、製造装置を提供している会社です。

ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

IR情報

株主・投資家の皆様に、IR資料、株価・株式情報、
財務・業績関連情報などを適時、適切に開示しています。

1.基本方針

当社は、株主・投資家をはじめとするステークホルダーの皆様に対し、透明性、公平性、継続性を基本に、広報・IR活動を積極的に行い、迅速かつ正確な情報開示に努めます。
当社は、情報開示を行うにあたり、金融商品取引法に定められたフェア・ディスクロージャー・ルールを遵守し、公平な情報開示の実現に努めます。

2.情報開示の基準

当社は、金融商品取引法等の関係法令および当社が上場している東京証券取引所の定める有価証券上場規程等を遵守し、情報の開示を行うほか、当社をより理解していただくために有用と思われる情報につきましても、タイムリーかつ積極的な情報開示に努めます。

3.情報開示の方法

有価証券上場規程等において開示が求められる情報は、東京証券取引所の適時開示電子情報システム(TDnet:Timely Disclosure network)に登録し提供してまいります。TDnet公開後、すみやかに報道機関に同一情報を提供するとともに当社ホームページ上にも掲載します。ただしシステムの都合上、これら情報の当社ホームページへの掲載が遅れることもあります。また、法令および有価証券上場規程等において開示が求められないその他の情報につきましても、株主、投資家をはじめとするステークホルダーの皆様にとって有用と思われる情報は、適時開示の趣旨を踏まえて当社ホームページへの掲載等の適切な方法により正確かつ公平に開示いたします。

4.業績予想および将来の見通しに関する事項

当社の計画・将来の見通し・戦略などのうち、過去または現在の事実に関する内容以外は、将来の業績に関する計画や見通しであり、これらは、その時点で入手可能な情報による当社の判断に基づいています。したがって、将来の業績等につきましては、様々なリスクや不確定要素の変動および経済情勢の変化などにより異なる場合があります。

5.沈黙期間

当社では決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期日(四半期決算を含む)の翌日から決算発表日までの一定期間を「沈黙期間」としております。この期間は、決算に関する質問への回答やコメントを差し控えさせていただきます。ただし、この沈黙期間中に業績予想を大きく変動する見込みが発生した場合には、有価証券上場規程等に従い適宜・適切に公表します。なお、沈黙期間中であっても、既に公表されている情報に関する範囲のご質問等につきましては対応いたします。

6.第三者への情報開示と第三者による業績予想

当社は機関投資家、アナリスト等との個別ミーティングでは既に公開された事実、周知の事実、あるいは一般的なビジネス環境等の情報に限り言及します。また、当社は、第三者によるいかなる当社に関するコメント、業績予想等も支持することをいたしません。

7.ディスクロージャーポリシーの遵守

当社は「企業の社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)」の観点からもグループの全役員・従業員に上記のディスクロージャーポリシーを周知徹底し遵守します。

ディスクロージャーポリシー