東京応化工業(tok)は、半導体やディスプレイの製造に必要なフォトレジストなどの化学薬品、製造装置を提供している会社です。

HOME ニュース2022年 「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」の構成銘柄に選定

2022年のニュース

ニュース

企業情報、IR情報、製品情報、展示会情報など、
当社の最新情報がご覧いただけます。

「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」の構成銘柄に選定

東京応化工業株式会社(本社:川崎市中原区/取締役社長:種市 順昭)は、「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」の構成銘柄に選定されましたので、お知らせします。本インデックスは、日本年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がESG投資を行うにあたって活用する指数として選定されています。

FTSE Blossom Japan Sector Relative Index

FTSE Russell (FTSE International Limited と Frank Russell Companyの登録商標)はここに東京応化工業株式会社が第三者調査の結果、FTSE Blossom Japan Sector Relative Index組み入れの要件を満たし、本インデックスの構成銘柄となったことを証します。FTSE Blossom Japan Sector Relative Indexはサステナブル投資のファンドや他の金融商品の作成・評価に広く利用されます。

グローバルインデックスプロバイダーであるFTSE Russellにより構築されたFTSE Blossom Japan Sector Relative Indexは、各セクターにおいて相対的に、環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応に優れた日本企業のパフオーマンスを反映するインデックスで、セクター・ニュートラルとなるよう設計されています。また低炭素経済への移行を促進するため、特に温室効果ガス排出量の多い企業については、TPI経営品質スコアにより改善の取り組みが評価される企業のみを組み入れています。 

当社はこのほかに、「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」および「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」の構成銘柄にも選定されています。

当社グループは、今後も事業活動を通じて、持続可能な社会の実現に貢献します。 

関連情報

ESG指数の構成銘柄に選定 | 東京応化工業株式会社 (tok.co.jp)

FTSE Blossom Japan Index Series | FTSE Russell (外部サイトにリンクします)

ESG投資|年金積立金管理運用独立行政法人 (gpif.go.jp) (外部サイトにリンクします)

HOME ニュース2022年 「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」の構成銘柄に選定