東京応化工業(tok)は、半導体や液晶ディスプレイの製造に必要なフォトレジストなどの化学薬品、製造装置を提供している会社です。

HOME ニュース2020年 設立80周年ロゴマークについて

2020年のニュース

ニュース

企業情報、IR情報、製品情報、展示会情報など、
当社の最新情報がご覧いただけます。

設立80周年ロゴマークについて

東京応化工業株式会社は、2020年10月25日に設立80周年を迎えます。当社は、設立以来「高純度」な化学薬品にこだわり、4つの経営理念である「自由闊達」「技術のたゆまざる研鑽」「製品の高度化」「社会への貢献」を愚直に実践することで、SHINKAしてまいりました。

 本記念ロゴマークは、当社グループの80周年のコンセプトワードである「SHINKA」(100年企業に向けて、技術力の深化と新化を。)に込めた5つの想い(技術力の「深化」、技術力の「新化」、全社員の「芯化」、TOKの「真価」、TOKの「進化」)を表現しております。

tok 80周年コンセプト

5つのSHINKA
技術力の
進化

顧客の期待に応え、既存の技術をさらに進化させていく

技術力の
深化

既存の技術をさらに深化させていく

技術力の
新化

新規事業を開発し、事業ポートフォリオを変革し、これまでの「フォトレジストの東京応化」を超えた存在になる

全社員の
芯化

全社員が自分の芯をもって、「自ら調べ、自ら判断し、自ら行動できる人材」成功するまで芯をブラさず、「挑戦を続ける人材」になる

東京応化の
真価

私たちの真価に気づき、それを未来へ向かって発揮していく周年へ

周年記念広告デザイン 

設立80周年を記念し、様々な媒体に記念広告を掲載しています。

この記念広告は、20年後の100周年に向けて、TOKがさらなる発展を遂げていくことを、20年後の自身(TOK)に向けた手紙でのやりとりを通じて表現しています。また、ご覧いただいたステークホルダーの皆様の目標や夢、未来への明るい希望までも連想していただくとともに、当社が継続して成長し続けていくといったメッセージを込め、シリーズ広告として展開しました。

加えて、この広告のビジュアルモチーフとして採用した手紙と封筒(エンベロープ)ですが、80周年である今日、20年後への手紙を封筒に封じることの意味合いとして、今も尚世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス(エンベロープウイルスの一種)を制するという願いも込めてデザイン化しています。       

日経産業10・232
日経産業10・262
  • (左:日本経済新聞 10月25日付、日経産業新聞 10月23日付)
  • (右:日経産業新聞 10月26日付) 
HOME ニュース2020年 設立80周年ロゴマークについて