東京応化工業(tok)は、半導体や液晶ディスプレイの製造に必要なフォトレジストなどの化学薬品、製造装置を提供している会社です。

HOME ニュース2021年 国内全拠点にて再生可能エネルギー由来の電力購入 CO2排出量削減

2021年のニュース

ニュース

企業情報、IR情報、製品情報、展示会情報など、
当社の最新情報がご覧いただけます。

国内全拠点にて再生可能エネルギー由来の電力購入 CO2排出量削減

東京応化工業株式会社(本社:川崎市中原区/取締役社長:種市 順昭)は、2021年9月から国内の全主要拠点で購入する電力を70%以上再生可能エネルギー由来の電力へと切り替えましたのでお知らせいたします。

当社は2019年度から再生可能エネルギー由来の電力の導入を開始し、今年度から約45,000MWhの年間購入電力の70%以上を再生可能エネルギー由来の電力とすることで、年間約14,000トンのCO2排出削減を見込んでいます。

当社グループは、2020年8月に長期ビジョン 「TOK Vision 2030」 を発表し、新たな経営ビジョンとして「豊かな未来、社会の期待に化学で応える “The e-Material Global Company”」を掲げており、既存製品・新製品の開発を通じカーボンニュートラルの実現に貢献してまいります。

今後も、当社グループに関わる全てのステークホルダーの皆様とともに、グローバルな環境負荷低減に積極的に取り組み、当社グループの事業を通じて社会へ貢献してまいります。

※2019年度から本社ビルの購入電力は100%再生可能エネルギー由来の電力に切り替え済みです。2021年度から国内の生産・開発拠点の購入電力を70%以上再生可能エネルギー由来の電力に切り替えました。

このニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

HOME ニュース2021年 国内全拠点にて再生可能エネルギー由来の電力購入 CO2排出量削減