東京応化工業(tok)は、半導体や液晶ディスプレイの製造に必要なフォトレジストなどの化学薬品、製造装置を提供している会社です。

ガバナンスリスク管理

ガバナンス

企業情報

コーポレート・ガバナンスの充実を経営上の重要課題の一つと
位置づけ、その達成に向けて鋭意取り組んでいます。

リスク管理

基本的な考え方

経営に重大な影響を及ぼす様々なリスクに的確に対処することが、当社の永続的な発展には不可欠です。

ステークホルダーとのコミュニケーションなどを通じて、想定しうる様々なリスクの把握と防止および万一リスクが顕在化した場合の様々な損害を最小限にとどめるための様々な対策を策定するなど、グローバルなリスク管理体制の整備・充実に努めています。

リスク管理体制

社長および各本部長・室長から構成される「リスク管理委員会」を設置するとともに、その下にリスク管理事務局を設置し、当社グループのリスク管理体制の見直しやリスク管理方針の策定を行っています。さらに企業経営に重大な影響を与える可能性のあるリスクを明確にし、未然防止策の確立と緊急事態発生時の対応策を事前に検討する会社横断的な組織として「リスク管理会議」を設置しています。
 

また、海外も含めた全拠点において、リスクの把握・分析を行い、影響度が大きいリスク項目への対策を講じるとともに、検証・評価のPDCAサイクルを実施することで、リスクマネジメント体制のさらなる改善と向上に努めています。

2
ガバナンスリスク管理