English
コーポレート・ベンチャリング

tokのベンチャー支援の目的

tokのコアテクノロジーとベンチャー企業の優れた技術力で、
新たなイノベーションを。

東京応化工業(tok)は、1962年に初のフォトレジストを上市し、世界のリーディングサプライヤーとして最先端の微細加工技術を切り拓いてきました。そのフォトリソグラフィを用いた微細加工技術が、私たちの身近にあるさまざまなエレクトロニクス機器の高度化の一翼を担っています。 そのような長年培ってきたコアテクノロジーを活かして、新たなイノベーションを起こす優れた技術を持ったベンチャー企業との協業・支援を積極的に推進しております。 双方の強みを最大限に活かしてスピーディな研究開発・事業化を推し進めることで、世の中があっと驚くイノベーションを巻き起こしたいと考えます。

tokのベンチャー支援の目的

tokのベンチャー支援の特徴

tokの得意分野との相乗効果をともに目指します。

tokのベンチャー支援の特徴

東京応化工業(tok)では、tokのコアテクノロジーとベンチャー企業の優れた技術の相乗効果を最大限に発揮して、ともに成長するWIN-WINな関係を築きたいと考えています。 そのため、「アーリーステージ」や「ミドルステージ」などの投資事業ストラクチャーステージに関わらず、優れた技術力を持った研究開発型ベンチャー企業を探しています。

共同開発を中心に、受託生産、販路開拓、資金投資。 幅広いサポートでベンチャー企業を支援します。

tokのベンチャー支援の特徴
共同開発

tokの保有する技術との融合により、新たな市場性を生み出せるベンチャー企業との共同開発を推進していきます。 

販路開拓

tokとの共同開発製品やベンチャー企業の自社製品の売上拡大のため、tokの人的資源やベンチャー企業の持つ販路を有効活用し、最大限の相乗効果を発揮していきます。

受託生産

第三者による製造協力を考えられているベンチャー企業に対しては、tokの製造設備を利用した生産支援も検討いただけます。

資金支援

tokとベンチャー企業の双方にとって有望な市場での事業化を目指し、資金面での支援も推進していきます。

対象領域

tokのフォトリソグラフィ技術やパターニング技術と新しい分野との イノベーションを目指します。

東京応化工業(tok)は、tokが半導体やMEMS、ディスプレイ分野で培ってきた技術・ノウハウとベンチャー企業の新しい技術との相乗効果に期待しています。研究開発型企業として、優れた独自技術を持つベンチャー企業を求めています。

お問い合わせフォーム

まずは、御社の優れた技術力をお聞かせいただき、さらにtokのコア技術を知っていただければと思います。

東京応化工業(tok)のコアとなる 微細加工技術・高純度化技術と御社の優れた技術とが生みだす相乗効果の先には、多くの可能性が広がっています。

入力フォーム読み込み中…フォームが表示されない場合