English

製品情報

フォトリソグラフィ技術

当社のコア・テクノロジーであるフォトリソグラフィ技術。ICやLSIなどの半導体、液晶ディスプレイや半導体パッケージ/実装などの分野で利用されています。

東京応化工業(tok)のコア・テクノロジー、”フォトリソグラフィ”による微細加工技術。常に最先端の領域に挑戦します

フォトリソグラフィは写真の原理と似た技術。フォトレジスト(感光性樹脂)にマスクパターン(設計図・模様)を転写し像を描きます。そのフォトレジストの像(パターン)を利用して微細加工を行います。
フォトリソグラフィは、半導体と呼ばれるIC(集積回路)やLSI(大規模集積回路)、液晶ディスプレイ、半導体パッケージ/実装などの幅広い分野で利用されています。

ナノメートルの世界 微細加工技術

東京応化工業(tok)は、1962年に日本国内初のフォトレジストを上市し、世界のリーディングサプライヤーとして最先端の微細加工技術を切り拓いてきました。
そのフォトリソグラフィを用いた微細加工技術が、私たちの身近にあるさまざまなエレクトロニクス機器の高度化の一翼を担っています。

あなたの身近にtokのテクノロジー

フォトリソグラフィを用いた微細加工技術は、例えば、パソコン、スマートフォン、タブレットPC、薄型テレビといった私たちの生活を取り巻くさまざまなエレクトロニクス機器に活用され、これらの機器の高度化を通じて、社会に役立っています。
私たち東京応化工業(tok)は、最先端の微細加工技術に挑戦し続け、日々のものづくりによって、調和のとれた豊かな未来の創造に貢献していきたいと考えています。