東京応化工業(tok)は、半導体や液晶ディスプレイの製造に必要なフォトレジストなどの化学薬品、製造装置を提供している会社です。

経営理念とCSR

経営理念とCSR

CSR情報

当社の経営理念とCSRにおける重要な課題への取り組みを

ご紹介します。

CSRを通じた経営理念の実践

経営理念のもと、ステークホルダーとともに「持続可能な社会の進展」に寄与する社会的価値の創造に努めてまいります。

無題

東京応化グループは、「技術のたゆまざる研鑽」「製品の高度化」「社会への貢献」「自由闊達」の4項目からなる経営理念をCSRの柱としています。

私たちは「社会への貢献」こそが企業の存在意義であると考えており、まずは当社グループの独自性が最も発揮できる「本業」を通じて、「技術」や「製品」「人材」「資本」を有効に活用し、私たちにしか産み出せないような社会的価値を創造していくことで、真に「社会の役に立つ」企業となる努力を続けていきたいと考えています。それには、安定収益の確保をはじめ、コンプライアンスや「環境(保全)と安全(衛生)」に関する万全な管理体制の整備といった「健全な経営基盤の構築」が不可欠です。

これらを前提として、健全な企業統治の構築に努め、サプライチェーン全体を見渡して、私たちの企業活動の影響を受けるステークホルダーの存在を常に意識し、その声に耳を傾けながら、企業活動を通じて産み出される総合的な社会的価値を高めていくような「バリューチェーン・マネジメント」に注力していきたいと考えています。

4
経営理念とCSR