東京応化工業(tok)は、半導体や液晶ディスプレイの製造に必要なフォトレジストなどの化学薬品、製造装置を提供している会社です。

私たちtokと進化する未来

私たちtokと進化する未来

私たちの仕事

東京応化工業(tok)は、日々のものづくりを通じて、調和のとれた
豊かな未来の創造に貢献していきたいと考えています。

「微細化」=極めて細かく小さくなること「微細加工技術」=極めて細かな加工をする技術

私たちの身近にあるエレクトロニクス機器の進化は「微細化」がキーポイントになります。微細化の進展とともに、薄く、軽く、小さく、スマートになり、使いやすく便利になってきました。

例えば、携帯電話。

1980年代の携帯電話

1980年代の携帯電話 ご提供 日本電信電話(株)

日本に初めて携帯電話が登場したのは1980年代。今では手のひらサイズになってきていますが、当時は肩から掛けなくてはならないほどの大きさでした。

技術開発の進化とともに、携帯電話は、カメラやテレビなどの機能を取り込み、より多くの生活シーンで活躍しています。

「形は薄く、軽く、小さく、けれども、より多機能に」

そのためには、普段目に触れることのない内側にある部品を小さく、高機能化しなくてはなりません。 そこで大きな役割を果たしているのが、小型化され、高集積化されたICやLSIなどの半導体です。

そして、その実現に

「微細加工技術」が大きな役割を果たしているのです。

微細加工技術がよりよい未来を築く

微細加工技術がよりよい未来を築く

微細加工技術から生まれる半導体、そして、携帯電話の進化。私たちTOKは、微細加工技術に挑戦し続け、未来のよりよい生活、社会の進歩・発展に貢献していきたい、そう考えています。

私たちtokと進化する未来